おりものに細菌が溜まることでデリケートゾーンに臭いが出る

婦人

快適に過ごす

レディー

性行為を多く重ねることで小陰唇肥大が起こると考える人もいますが、それは間違いです。しかし小陰唇肥大になると見た目が気になるため手術によって改善したいという女性が多くいます。小陰唇肥大では人前で脱ぐことに抵抗があり恋愛に積極的になれないという人もいますし、服を着て日常生活を送るときにも擦れて痛みがでることがあります。小陰唇肥大の悩みを抱える人は病院で縮小手術を受けましょう。その症状の現れ方や小陰唇肥大の程度は人によって異なりますが、正確にどの大きさから小陰唇肥大であるかは定められていません。下着に擦れて痛いという場合や、自転車を乗るときに潰れて痛みが出るという場合など、問題が現れているときには小陰唇肥大かどうかわからないというときでも医師に相談してください。
小陰唇を縮小させるための手術は、皮膚に麻酔を打ちメスによって肥大した皮膚を切除した後に糸で縫合するという方法を取っています。肥大の仕方によって切除の方法や縫合の仕方を変えていきますが、どのような方法を行なうかということやその仕上がりの美しさは医師によって異なります。小陰唇は体の他の部位に比べて傷跡が残りにくい箇所ではありますが、大切な場所なので美しく仕上げることができる腕の良い医師を選ぶことが大切です。医師を選ぶ際には小陰唇縮小の手術を多く行なっているのかどうか、その医師の実績を調べる必要があります。他の手術で評判が良い医師であっても小陰唇の手術経験が少ない医師では不安なので、病院のサイトに載っている実績欄や口コミサイトにまとめられている情報を参考にしてください。