おりものに細菌が溜まることでデリケートゾーンに臭いが出る

婦人

施術方法を選ぶ

女性

出産を経験することや年齢を重ねることによって膣がゆるくなってしまったり、破裂してしまったりすることがあります。膣がゆるい状態ではコンプレックスを抱くことや、プールに入ったときに膣内に水が入ってしまうというようなトラブルが起こります。病院で縮小手術を受けることでそうした悩みを解消することが可能です。膣を縮小するための手術を受けると半永久的に効果が持続しますが、再び妊娠を考えている場合には縮小以外の施術方法が適しているので、手術を受ける前に今後の出産予定があるかどうか医師に伝えてください。縮小の施術を受ける時には最初に医師によるカウンセリングが行なわれます。膣縮小にはいくつかの方法があるので、カウンセリングでそれぞれの方法の特徴や仕組みについて詳しく説明を受けます。その人の症状や状態を初めに調べて、希望に合わせて適した方法を医師と相談して決めていきます。施術方法によって仕上がり方や料金も変化するのでどれが適しているのかきちんと考えてください。カウンセリングを行なってどういった施術にするか決めた後には手術を行なう日時を相談して決めます。施術を行なう時には入院などは必要なく、2時間ほどで完了することが可能なのでカウンセリングを行なった当日に手術をすることも可能です。長時間かかる手術では休日などの長い時間が取れるときにしか受けることができませんが、短時間で終わる手術のため仕事終わりなどの空いた時間に通いやすく便利です。手術を行なう時には麻酔を打って行なうので痛みが不安な人でも安心して受けることができます。料金は施術方法によって左右されますが、相場としては500,000円ほどが必要になります。