おりものに細菌が溜まることでデリケートゾーンに臭いが出る

婦人

快適に過ごす

レディー

小陰唇肥大になると歩いたときに下着が擦れて痛みが出ることや、自転車に乗るのも困難になることがあります。そんな人でも病院で縮小手術を受けることで日常生活が快適に過ごせるようになります。

Read

洗い方に気をつける

レディー

デリケートゾーンの洗浄には専用の石鹸を使用しましょう。膣内と同じ弱酸性でできているので内部のバランスを崩すことなく自浄作用を保てます。洗浄するときには石鹸を泡立てて優しく洗うことが重要です。

Read

施術方法を選ぶ

女性

膣を縮小させる手術は、どの程度まで縮小させたいかということや、今後出産を行なう予定があるのかなどによって方法を変化させる必要があります。施術を受ける前にカウンセリングできちんと相談しましょう。

Read

シートを活用する

女性

おりものには体内に細菌が侵入することを防ぐ働きや、排卵期に受精をしやすくするという働きがあります。一般的におりものは二十代や三十代頃に多く分泌され、年齢を重ねるにつれ段々と分泌量も少なくなっていきます。細菌の侵入を防ぐためのおりものですが、分泌されたものが下着に付着したままになることで細菌が繁殖する原因にもなってしまうのです。おりものはもともとは無臭に近いものですが、細菌が繁殖することで臭いが発生します。女性の中にはデリケートゾーンの臭いについて悩む人も多くいますが、おりものが下着に付着することを防ぐことで臭いの改善をすることが可能です。おりものが下着に着かないようにするための製品として、近年ではおりものシートが販売されています。このシートはナプキンのように膣内から分泌されるものを受け止める働きをしますが、おりものは経血のように量が多いわけではないのでシートの厚みもとても薄いという特徴があります。厚みがないため日常的に使用していてもストレスを感じることも少ないです。シートを定期的に交換することで下着を清潔に保ち、臭いが発生することを防ぎます。シートは薄くストレスが少ない作りをしていますが、敏感肌の人は長時間着用しているとムレやかゆみを感じることもあります。そんな時には敏感肌用のコットン素材の製品を選びましょう。コットンを使用したものでは肌への負担も少なく、通気性がいいためムレやかゆみを軽減することが可能です。シートの種類を変える以外にも、なるべくこまめに取り替えることで水分がこもることを防ぐことができます。